結婚式の費用の準備方法

二人のお金だけであげる場合

結婚式の準備には様々なものがありますが、費用の準備もその一つです。結婚式に使える金額は、二人の貯金、親や周りからの援助、ご祝儀があります。多いのは二人の貯金だけで式をあげるというパターンです。二人の貯金がしっかりたまっていればなんの気兼ねもなく使えますし、ご祝儀は新生活の費用にあてられます。近年では後払いやクレジット払い、ご祝儀払いが可能な会場も増えてきましたが、まだほとんどの会場の料金は先払いであるため、会場の選択肢が増えます。

親や周りからの援助を得て式をあげる場合

親や周りからの援助が得られる場合もあるでしょう。申し訳ないと思うかもしれませんが、結婚や新生活にはお金がかかります。いくらあっても余分なことはないので、ありがたくもらっても構わないでしょう。貯金がしっかりあるならば、援助は新生活に備えてとっておくのがおすすめです。援助していただける場合は、式の支払いのときに間に合うかどうかを確認しておくと安心です。また、後日きちんとお礼をしましょう。できたら顔を合わせた上でお礼を言うのが望ましいです。

ご祝儀を利用して支払い場合

十分な貯金もなく、親や周りからの援助もあてにできないという場合でも、ご祝儀を利用して支払うという方法も近年は増えてきています。すべての会場が対応しているわけではないので、そうしたサービスを提供している会場から会場選びをするとよいでしょう。ご祝儀をあてにするといっても、ご祝儀はあくまで気持ちですから思ったようにお金が集まらないこともあります。無理をせず身の丈にあった会場を選んだり、規模を小さくしたりという気持ちが重要です。

ホテルで挙げる結婚式の費用は300万円から600万円と言われています。デコレーションやお料理で価格に差が出ます。